スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2016年07月31日

帰ってきたブーツ

以前修理に出したASOLO FSN95が帰ってきました。


修理内容としてはソールの張り替えとラバーの張替えになります。、

問い合わせ時に言われた通り、つま先のASOLOロゴはなくなってしまいましたが、きれいになって帰ってきました。









交換されたソールは以下のものになります。
http://www.asolo.jp.net/menu59/contents51

じっくり比較してみると結構違うことがわかりますが、履いてる状態だとそんなに差はわからないかなといった気がします。

後は履いてみてどんな具合か確かめるだけですが、最近めっきり暑くなり屋外どころか部屋の外にすら出たくない状態でいつになるかは分かりません・・・。

まあ無事直ってよかったて感じです。  

Posted by OGK at 17:23Comments(0)設備

2016年07月24日

秋葉原で職質を受けました

秋葉原ではこれで二回目、通算で3回めの職質でした。

手巻きタバコの道具を麻のポーチに入れていたせいか、薬物所持を疑われポケットの中から財布の中まででしっかり見られました。

手巻きタバコを持ち歩くときは、道具を入れるポーチにも気をつけた方がいいみたいですね。



というわけで、タイトルに有る通りVショーでの戦果報告になります。

もう一週間も前なので今更感満載ですが・・・。

今回の戦利品は以下のものになります。


mlcsのハンドガンマグポーチやら無線関係やライトやら買いました。

ハンドガンマグポーチはもう持っていますが、付け外しが面倒なのと値段的に(AOR1の3連M4ポーチと比べて)安いのでVTACのベルトに付けるために購入。


無線関係の小物は予め買っておいた152に、ダミーの6ピンと一緒に取り付けてそのポーチへシュゥゥゥーッ



後のリガーベルトと6Pは特に買う予定はなかったのですが、衝動買いで買ってしまいました。

今回はV前に新たな装備を買ってしまい、予算が厳しかったので少なめです。

予算関係なく毎回これくらいで抑えられたらいいんですけどねぇ・・・。

  

Posted by OGK at 21:51Comments(0)

2016年07月16日

壊れてしまったブーツの修理

今回は珍しくちゃんと身のある内容です。

まあ普段がなさすぎるからそう見えるかもしれませんが。


今回はタイトルに有る通り壊れてしまったブーツについてです。

壊れてしまったブーツはASOLO FNS95です。5月のヤネックスのゲーム時に壊れてしまいました。




その後ホームセンターで接着剤を買ってきて自分で直したのですが、すぐ剥がれるは接着剤がはみ出るはで近所の靴の修理をやってる店に持って行ったとこと

「ソールが劣化で完全に駄目になっており、くっつけたとこでどうしようもない」
「新規のソールをつけるにもつま先の曲面をつけるのはメーカじゃないと無理」

とのこと。

なので半分あきらめモードでASOLOの日本代理店のモンベルにメールを投げてみたところ、以下のような回答が
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
弊社取扱ブランド「ASOLO」の「FSN95」のリソールですが
弊社取扱前の製品で全く同じソールでの張り替えは出来ませんが
下記ソールにて修理可能でございます。
http://www.asolo.jp.net/menu59/contents51
ラバーも張り替えいたします。(ただし修理用のラバーを使用するため
爪先の「ASOLO」ロゴがなくなりますので予めご了承くださいませ。)

修理は¥10900-(税別)、期間はお預かりより2-3週間でございます。

修理を御依頼いただく方法は下記の通りでございます。
※靴紐、インソールは取り外し御自宅にて保管くださいませ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

というわけで早速近所の窓口に預けてきました。

つま先の部分のASOLOロゴがなくなるのは残念ですが、どうしようもないので写真を取るときはなるべくロゴがないところが見えるように気をつけます。

ソールの在庫がないと取り寄せるためにもっと掛かるとのことですが、修理期間はメールにあった通り2~3週間とのことでほんとに治ってくるのか楽しみです。

皆さんも古い靴が壊れてしまっても、とりあえず代理店に問い合わせるとどうにかなるかもよというお話でした。

尚、接着剤等で自分で直すのはお店的には嫌がるようなので、壊れてしまった場合はすぐに自分で修理しようとしないでまず状態を確認し、近くの靴屋やメーカ等で直せるかを確認するのが良いかなというのが今回の教訓になります。


以上、壊れたブーツについてでした。
  

Posted by OGK at 18:34Comments(0)装備