2018年03月26日

MP5SD3にライトをつけるために

MP5SD サウンドサプレッサーマウントベースを作りました。


もととなるとのはこちらのM-LOK用レール(7SLOT)です。


MAGPULの実物ですが安かったので問題ありません。


まずこちらの両端をカットします。


次にネジ穴で書けている部分をプラリペアで埋め、一番はじのスロットを拡張します。


最後に表面を適度に整えて黒で塗装して完成です。
実際に見てみると差は分かるのですが、画像で見てみると差がわかりませんね。


整えたとはいえ表面は汚いですが、近くで見ないとわからないですし実際にはライトで隠れるので良しとします。

実際に付けてみるとこんな感じなります。




見た目は汚いままだし、恥から2番めの突起部分は細いままだしでできたものにはいまいち納得はできませんが
実物レプ問わずものは手に入らないし、実際にはライトで隠れて気にならないしお手頃価格ということでこれで良しとします。

このレールを使いセットアップしてみるとこんな感じになりました。


とりあえずは目指す形にはなったし、MP5いじりに関してはこれで終わります。

P,S,
前回記事で書いたHEIC形式のファイルについてですが、以下をインストールした結果あっさり問題が解決しました。
https://www.copytrans.jp/copytransheic/

これでビュアーで問題なく開けますし、JPEGへ変換もできます。




 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。